就活・転職活動において最も重要なこと

リクルートキャリア(東京)の研究機関・就職みらい研究所によると、8月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率は81.2%と、前年同月比-10.0ポイントで、20年卒と比べ低くなったようだ。

低くなった原因は、新型コロナウイルスの影響によるもので、今後も就職活動や転職活動は厳しい状況が続く可能性がある。

こういう状況下ということもあり、例年以上に就職の相談を受ける。

僕は就職の相談を受ける時に絶対に言うことがある。

それは、「自分にあった職業を探そうとしているのか?」

「就職活動」「転職活動」という言葉が示す通り、その「職業」に就くことが目的にも関わらず、多くの人が「会社のネームバリュー」「安定性」「福利厚生」「通勤の便利さ」など、職業とは違う要素で仕事を探そうとしすぎている。

まず重要なのは、自分にあった「職業」を探すこと。

あまりにもこれができていない人が多すぎる気がする。

例えば、文系出身の人間は安易に「営業職」を選びがちだが、「なぜ自分が営業職」に向いているのかの分析がなさすぎる。

また、一言に「営業職」といっても「法人新規営業職」「法人ルート営業職」「個人新規営業職」「個人ルート営業職」など様々である。

自分にはどういう強みがあるのか、自分にはどんなスキル(能力)があるのか、それを活かせる「職業」は何なのか?

このあたりをきちんと考えて就職活動をしないと、仮に就職できたとしても楽しく仕事ができない可能性は高い。

今、就職活動や転職活動を行っている方は、今一度、自分に向いている「職業」をしっかりと考えて欲しい。

もし、「自分に向いている職業が分からない。どうしたら良いんだろ?」という方は、相談に乗りますのでお気軽にご連絡ください。

人が成長するために、必要なこととは?

またまた、今回もアニメの話ですw

僕のことを知らない人は、「この人アニメや漫画のブログばっかり書いてるけど、大丈夫?」って思うかもしれませんが、仕事はしっかりしているので大丈夫です!

今日ご紹介するのは「俺物語」です。鈴木亮平さん主演で映画化されたこともあり、ご存知の方も多いのでは?

高校生離れした見た目だが、純情で優しい心根を持つ主人公(剛田猛男)から学ぶことは実に多くある。

その中でも、「素直さ」の大切さを改めて感じさせられる。人間、いろいろと経験や年齢を重ねると、素直でいられないことも増えてくるが、この主人公を見ていると、「素直さ」がいかに人間関係・ビジネスにおいて重要かが分かる。

この主人公を見ていると、サイバーエージェントを創業した藤田晋さんの名言を思い出した。

「素直さ」も大事ですね。人間、そんなに才能に違いはありません。先輩や上司の助言を聞いて自分を変えてゆく素直さがあれば、誰しもそれなりに力がついていくものです。

コロナによって世の中は大きく変わり、これまでの常識が非常識にもなりつつある。

こんな変化の時だからこそ、今一度、素直にいろいろな人の助言を聞いて、さらに成長できるようになろうと思う。

では、今日はこのあたりで。

次は少し真面目な内容を書こうかなw

経営者はもっとアニメを観るべき!?

みなさんは「風が強く吹いている」というアニメをご存知でしょうか?

僕はこの数日、このアニメにどハマりしてました。ストーリーを簡単に言うと、男子大学生が箱根駅伝を目指すというもの。

これだけ聞くと、あまり面白くなさそうですが、箱根駅伝を目指したいと思っていなかったメンバーに、箱根駅伝を目指したいと思っていなかったメンバーに対してのキャプテンのマネジメントの仕方が、実に勉強になる。

現実世界でも、多くの会社で上司と部下の間には溝があるでしょう。

これは当然だと思うが、この溝をいかにして埋めるのかは経営者として真剣に向き合う必要があると思う。

育った環境や時代などにより、人の価値観は大きく異なるものなので、自分の価値観を押しつけるだけのマネジメントは若者を潰してしまう。

「いかに経営者や上司が変化できるのか」、これが会社を大きくする上では重要なことだと思う。

難しい本を読むよりも、アニメや漫画を見ながらの方が個人的には理解しやすいと思う。

小さい頃に、母親に「漫画ばっか読んだらバカになる」って言われたけど、逆だね。

漫画はその時代をすごく反映しているし、ビジネスにおいてもとても勉強になることが多い。

とうことで、僕は日本一アニメや漫画に詳しい社長を目指そうかなwww

起業という選択

最近よくいろんな人に、

「起業しようか迷ってるんですが、どう思いますか?」

という相談を受ける。

「起業」=「リスク」と考える人もいますが、僕としては起業することに関してはすごく良いことだと思っている。

昔、上場会社でサラリーマン勤めをしていた時、父親に

「お前は年間、何回社長と会って話をするんだ?」

って聞かれたことがある。

その時、「年に1回も多分話す機会がないかな?」って答えたら、父親は

「お前は怖くないんか?社長がどんな考えをしているのかも分からずに方針を決めて従うことに。お前の人生がそれで決まってしまうんだぞ」って。

自営をしていた父親だからこんな発言になったんだと思うけど、自分の人生は自分で選択したいって人に起業はすごく良い選択だと思う。

逆に、自分がこうなりたいとかこんな風に仕事をしたいってことがない人は起業はしない方が良いと思う。

「起業」というと、カッコいいって感じるかもしれませんが現実は1から10まで自分でしないといけない過酷な道でもあるので。

日本の起業率は、5%程度と世界的にもまだまだ低い。

コロナにより、今後は働き方もきっと多様化するだろう。

その中で、「起業」という選択をする人が増えるのは、僕は大歓迎。

自分の力で何かをしたいというエネルギーのある人とは、一緒に仕事をしたいと思う。

もし、これから起業を考えている人はぜひ、お酒でも飲みながらこれからの話でもできたらいいな。

では、今日はこのあたりで。

参照:開業率(中小企業庁データ)