経営者はもっとアニメを観るべき!?

みなさんは「風が強く吹いている」というアニメをご存知でしょうか?

僕はこの数日、このアニメにどハマりしてました。ストーリーを簡単に言うと、男子大学生が箱根駅伝を目指すというもの。

これだけ聞くと、あまり面白くなさそうですが、箱根駅伝を目指したいと思っていなかったメンバーに、箱根駅伝を目指したいと思っていなかったメンバーに対してのキャプテンのマネジメントの仕方が、実に勉強になる。

現実世界でも、多くの会社で上司と部下の間には溝があるでしょう。

これは当然だと思うが、この溝をいかにして埋めるのかは経営者として真剣に向き合う必要があると思う。

育った環境や時代などにより、人の価値観は大きく異なるものなので、自分の価値観を押しつけるだけのマネジメントは若者を潰してしまう。

「いかに経営者や上司が変化できるのか」、これが会社を大きくする上では重要なことだと思う。

難しい本を読むよりも、アニメや漫画を見ながらの方が個人的には理解しやすいと思う。

小さい頃に、母親に「漫画ばっか読んだらバカになる」って言われたけど、逆だね。

漫画はその時代をすごく反映しているし、ビジネスにおいてもとても勉強になることが多い。

とうことで、僕は日本一アニメや漫画に詳しい社長を目指そうかなwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です