給料に対する考え方の違い

コロナ禍によって、テレワークが一気に浸透した。

その中で大きく変わったことのひとつとして感じるのが、各社の「従業員の評価の仕方」である。

これまでは毎日、オフィスで顔を合わせていたので、営業成績が多少悪くても「あいつは、ムードメーカーだから」「あの子は後輩の面倒見が良いから」といった成績以外の部分で、評価をされることがあった。

しかし、テレワークにより、そういった成績以外の部分が見えにくくなり、評価=数字といった、成果主義になってきているように感じる。

経営者は●を重視し、従業員は●を重視する。

僕はサラリーマンとして約10年給料をもらう立場を経験、そして今は経営者として従業員に給料を払う立場を経験している。

ここ数年すごく感じるのが、従業員と経営者による「給料に対する考え方」の違い。

自分自身の経験を踏まえて考えてみると、

・サラリーマンの時

「なぜ、自分は数百万円も売っているのに、こんなに給料って増えないんだろう?」って常に疑問を感じていた。

もっと成績重視にして売った分を還元して欲しい。

・経営者の今

「今月の利益は●万円かー、これならボーナスもだせるな」

「今月はマイナス●万円かー、どこかで経費削減しないと厳しいな」

どこが大きく違うかというと、従業員の時は「売り上げ」、経営者の今は「利益」を見ているということ。

極端な話、売り上げ100万円の商品であっても、仕入れや広告宣伝費・人件費など含めて99万円であれば、利益はたった1万円しかない。

この利益率だと、いくら売り上げをあげても給料を増やすことはできます。

おそらく、多くの会社が従業員に、家賃や広告宣伝費、その他の細かいお金のデータは見せていないと思うが、給料をあげるためには「利益」をだすことが大切。

ここで、冒頭の評価の話に戻るが、もしあなたの評価者が社長や役員などの経営層の場合は、会社に関わる細かいお金を把握しているので、自身がいかに「利益貢献」しているのかをアピールする必要がある。

逆に、評価者が課長などの場合、おそらく会社に関わる細かいデータは共有されていないと思うので、「売り上げ貢献」のアピールでも給与があがる可能性はある。

日本は新卒一括採用の文化があったため、3年ぐらいかけて新卒を戦力化(利益がでるまでに育てる)するスタイルであったが、このコロナ禍により、3年も待てる会社はほとんどなくなったと思う。

新卒といえども、いかに早く利益をだせるようになるのか、そういうことを意識していかないといつまで経っても給料は上がらないだろう。

厳しい時代に突入しているのは間違いないが、逆に成果をあげることができる人にとっては大きなチャンスではある。

日本もアメリカなどのようにおそらくこれから貧富の差が拡大していくだろう。

その中で幸せな生活を送るには、世の中の変化に敏感になり、自分自身も柔軟に変化することではないだろうか。

今日は少しだけ真面目な話をしてみました。

Jリーガーが体験した社会の厳しさ

先日、当社が運営してるメディアで元Jリーガーの木下正貴くんを取材させていただいた。

木下くんの簡単な経歴

特筆すべきは、なんと高校2年生でJリーガーになってること。

しかし、そんなサッカーエリートの木下くんでも、わずか24歳で引退。(Jリーガーの平均引退年齢は25・26歳らしい)

当然、引退したあとは、セカンドキャリアを歩まないといけないが、このセカンドキャリアが僕たちが想像している以上に過酷だった。。。

引退した後には、お世話になったスポンサーさんに挨拶周りに行くそうだが、木下くんの中ではどこかのスポンサーさんが雇ってくれると思っていた。

「社長、何でもします!」

「いや、うちでは雇えない。木下くん雇うよりアルバイトの大学生の方がうちの仕事理解してるし」

こんなやりとりがいろいろな企業であったらしい。そしていつしか木下くんは

自分ってサッカーがなくなれば、社会では価値が全くないんだ・・・

って絶望を感じたらしい。

スポーツ選手ってすごく華やかな職業に見えるけど、サラリーマンやOLと違い、すごく活躍できる時間が限られている。

今、いろいろな企業がスポーツ選手のセカンドキャリア支援に動き始めてるけど、当社もそう遠くない未来にここには力を貸せるようになりたいと思っている。

今、木下くんは転職のサポートをする会社にて営業として奮闘中!もし、インタビュー記事読んでみたいという方はこちらから↓

ワキ毛のない男

僕は1年前ぐらいにワキ毛を脱毛して、ワキ毛が今はまったくない。

この話をすると、大抵の方が「なんで?」って反応をするけど、僕は脱毛してよかったと思っている。

みなさんが一番気になるであろう、「なぜ脱毛しようと思ったのか」、ここの話を少ししたいと思う。

僕が脱毛しようとした理由

7月の猛暑日、たまたま満員電車に乗る機会があった。

僕は身長が164cmと一般的な男性よりも小さく、平均的な男性がつり革を持つと、ちょうど僕の視界に脇がはいる。

その日の満員電車でもまさしく同じ現象が起こった。

目の前の男性の脇が僕の目の前に。。。

満員電車でどうすることもできず、ただひたすらに見知らぬ男性の脇(正式に言うとワキ毛)を見せ続けられた。

その時、僕はすごく不快に感じ、もし自分が逆の立場になる可能性があるのであれば、脱毛しよう!と決意した笑。

ワキ毛を脱毛してよかったこと

「ワキ毛なんて脱毛して何かメリットある?」ってよく聞かれるが、すごくメリットを僕は感じている。

①女性の気持ちが理解できるようになる

脱毛するには、クリニック前日にワキ毛を剃らないといけない。

髭を剃る感覚で簡単に剃れるのかと思いきや、ワキ毛を剃るのはめちゃくちゃ難しいし、痛い。。。

女性たちはこんな苦労をして、脇を綺麗に保っていたのかと思うと、「女性」=「ワキ毛を生やさない」ということが正しいのか疑問に感じてくる。

②清潔感

考え方は人それぞれだと思うが、僕はワキ毛がなくなったことですごく清潔感がでたと思っている。

そして、ワキ毛を剃るキッカケになった、満員電車でつり革を持つこともまったく抵抗がなく、堂々と自分の脇をみんなにさらすことができるようになった笑

この記事一体なに?

って思われたかと思いますが、何が言いたかったかというと、固定概念や常識にとらわれないってことが大切ってこと。

コロナ禍により、日々世界はこれまでにないぐらいのスピードで変化をしている。

その中で、生活をしていくには「変化していくこと」が非常に大切だと思う。

先日、こんなことがあった。

採用支援をしている会社さんに求人の応募があり、「オンライン面接」の案内をしたところ、その求職者から「オンライン面接の仕方がわからないので、対面での面接にして欲しい」と返信があった。

このご時世、オンライン面接の仕方も分からずに転職活動をしていると、内定に繋がる可能性は一気に下がってしまう。

年齢、性別、職歴など関係なく、今は本当にこれまでやってきてなかったことなどに、積極的に挑戦する必要がある。

コロナ禍の影響はまだしばらくありそうなので、変化できる人とそうでない人とで年収などの格差が広がる気がしている。

変化のキッカケに、ワキ毛を脱毛するのもありかな?笑