給料に対する考え方の違い

コロナ禍によって、テレワークが一気に浸透した。

その中で大きく変わったことのひとつとして感じるのが、各社の「従業員の評価の仕方」である。

これまでは毎日、オフィスで顔を合わせていたので、営業成績が多少悪くても「あいつは、ムードメーカーだから」「あの子は後輩の面倒見が良いから」といった成績以外の部分で、評価をされることがあった。

しかし、テレワークにより、そういった成績以外の部分が見えにくくなり、評価=数字といった、成果主義になってきているように感じる。

経営者は●を重視し、従業員は●を重視する。

僕はサラリーマンとして約10年給料をもらう立場を経験、そして今は経営者として従業員に給料を払う立場を経験している。

ここ数年すごく感じるのが、従業員と経営者による「給料に対する考え方」の違い。

自分自身の経験を踏まえて考えてみると、

・サラリーマンの時

「なぜ、自分は数百万円も売っているのに、こんなに給料って増えないんだろう?」って常に疑問を感じていた。

もっと成績重視にして売った分を還元して欲しい。

・経営者の今

「今月の利益は●万円かー、これならボーナスもだせるな」

「今月はマイナス●万円かー、どこかで経費削減しないと厳しいな」

どこが大きく違うかというと、従業員の時は「売り上げ」、経営者の今は「利益」を見ているということ。

極端な話、売り上げ100万円の商品であっても、仕入れや広告宣伝費・人件費など含めて99万円であれば、利益はたった1万円しかない。

この利益率だと、いくら売り上げをあげても給料を増やすことはできます。

おそらく、多くの会社が従業員に、家賃や広告宣伝費、その他の細かいお金のデータは見せていないと思うが、給料をあげるためには「利益」をだすことが大切。

ここで、冒頭の評価の話に戻るが、もしあなたの評価者が社長や役員などの経営層の場合は、会社に関わる細かいお金を把握しているので、自身がいかに「利益貢献」しているのかをアピールする必要がある。

逆に、評価者が課長などの場合、おそらく会社に関わる細かいデータは共有されていないと思うので、「売り上げ貢献」のアピールでも給与があがる可能性はある。

日本は新卒一括採用の文化があったため、3年ぐらいかけて新卒を戦力化(利益がでるまでに育てる)するスタイルであったが、このコロナ禍により、3年も待てる会社はほとんどなくなったと思う。

新卒といえども、いかに早く利益をだせるようになるのか、そういうことを意識していかないといつまで経っても給料は上がらないだろう。

厳しい時代に突入しているのは間違いないが、逆に成果をあげることができる人にとっては大きなチャンスではある。

日本もアメリカなどのようにおそらくこれから貧富の差が拡大していくだろう。

その中で幸せな生活を送るには、世の中の変化に敏感になり、自分自身も柔軟に変化することではないだろうか。

今日は少しだけ真面目な話をしてみました。

Jリーガーが体験した社会の厳しさ

先日、当社が運営してるメディアで元Jリーガーの木下正貴くんを取材させていただいた。

木下くんの簡単な経歴

特筆すべきは、なんと高校2年生でJリーガーになってること。

しかし、そんなサッカーエリートの木下くんでも、わずか24歳で引退。(Jリーガーの平均引退年齢は25・26歳らしい)

当然、引退したあとは、セカンドキャリアを歩まないといけないが、このセカンドキャリアが僕たちが想像している以上に過酷だった。。。

引退した後には、お世話になったスポンサーさんに挨拶周りに行くそうだが、木下くんの中ではどこかのスポンサーさんが雇ってくれると思っていた。

「社長、何でもします!」

「いや、うちでは雇えない。木下くん雇うよりアルバイトの大学生の方がうちの仕事理解してるし」

こんなやりとりがいろいろな企業であったらしい。そしていつしか木下くんは

自分ってサッカーがなくなれば、社会では価値が全くないんだ・・・

って絶望を感じたらしい。

スポーツ選手ってすごく華やかな職業に見えるけど、サラリーマンやOLと違い、すごく活躍できる時間が限られている。

今、いろいろな企業がスポーツ選手のセカンドキャリア支援に動き始めてるけど、当社もそう遠くない未来にここには力を貸せるようになりたいと思っている。

今、木下くんは転職のサポートをする会社にて営業として奮闘中!もし、インタビュー記事読んでみたいという方はこちらから↓

小学6年生でJリーガーの夢を諦めた

先日、当社がスポンサーをしているサッカーチーム、FCティアモ枚方の中心選手である「野沢拓也」さんが引退を発表された。

サッカーをしている人間なら誰しもが憧れる「日本代表」まで上り詰めたすごい選手だったので、引退のニュースは本当に寂しかった。

僕は小学校2年生からサッカーをはじめたが、サッカー選手になる夢を小学校6年生で諦めた。。。

小学校4年生の時の作文には、「ワールドカップに出場して世界一のサッカー選手になる!」とまで書いてたのにわずか2年でその夢を断念した笑

なぜ、サッカー選手になる夢を諦めたのかと言うと、中学受験するために塾に通うようになり、練習に行けなくなったから。

今振り返ると、小学校6年生でサッカー選手になる夢を諦めて以降、起業するぐらいまで、明確に「こうなりたい!」ってのがなかった気がする。

面接の際に「将来どうなりたいですか?」という質問をされることはよくあると思いますが、明確に答えれる人ってどれだけいるんだろ?

「こうなりたい」「こんなことしてみたい」ってのは働きながらようやく見つかるもののような気がする。

「若いのに夢がないなんて。。。」

「若いのにやりたいこともないなんて。。。」

って言われることが20代の方はたまにあるかもしれないけど、決して悪いことではないと思う。

やりたいことがないってことはこれから選んでいけるんだから、むしろ幸せかもしれない。

もし、「やりたいことが分からない」「なりたい自分が分からない」とかで悩んでいる人がいるなら、お気軽に連絡ください。

あっ、FCティアモ枚方をJリーグまで昇格させる夢を一緒にみてくださる方も大募集です!!!

あなたの趣味は何ですか?

商談の場や飲みの場でよく「趣味何ですか?」って聞かれますが、僕は即答で「仕事」って答えます。

大体の人は、「えっ!?」「変人ですね」みたいな反応しますが、本当に仕事が好きで何十時間働いても苦ではないので、僕からしたら全然おかしいこととは思ってないんですけどね。

昨今、働き方改革が進んで残業しないことが美徳という流れになっていますが、僕は「仕事が好き」「仕事が趣味」といった人は別に残業して働いて良いと思っている。

そういった仕事好きの人にしっかりと働いてもらい、残業をしたくない人は定時に帰る、そういった形を取らないと日本企業の競争力はどんどん低下してしまうと最近すごく感じる。

※もちろん、仕事が趣味で残業して働いた人にはそれなりの対価や見返りがあるべき。これが大前提、これがないのであれば残業は絶対にしない方が良い。

コロナ禍によって、収入の二極化が今後ますます進むような気がしている。

就職や転職の相談を受けても、「残業がないこと」を第一条件にあげている人が多いけど、仕事が楽しいって感じてる人や転職して仕事が楽しいと感じたら、仕事を趣味にしてみるのも悪くないのでは?

仕事が趣味の僕からすると、趣味=仕事の人生は悪くないと思ってる。

もし同じような考えの方がいれば、ぜひ一緒に仕事しましょう!

就活・転職活動において最も重要なこと

リクルートキャリア(東京)の研究機関・就職みらい研究所によると、8月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率は81.2%と、前年同月比-10.0ポイントで、20年卒と比べ低くなったようだ。

低くなった原因は、新型コロナウイルスの影響によるもので、今後も就職活動や転職活動は厳しい状況が続く可能性がある。

こういう状況下ということもあり、例年以上に就職の相談を受ける。

僕は就職の相談を受ける時に絶対に言うことがある。

それは、「自分にあった職業を探そうとしているのか?」

「就職活動」「転職活動」という言葉が示す通り、その「職業」に就くことが目的にも関わらず、多くの人が「会社のネームバリュー」「安定性」「福利厚生」「通勤の便利さ」など、職業とは違う要素で仕事を探そうとしすぎている。

まず重要なのは、自分にあった「職業」を探すこと。

あまりにもこれができていない人が多すぎる気がする。

例えば、文系出身の人間は安易に「営業職」を選びがちだが、「なぜ自分が営業職」に向いているのかの分析がなさすぎる。

また、一言に「営業職」といっても「法人新規営業職」「法人ルート営業職」「個人新規営業職」「個人ルート営業職」など様々である。

自分にはどういう強みがあるのか、自分にはどんなスキル(能力)があるのか、それを活かせる「職業」は何なのか?

このあたりをきちんと考えて就職活動をしないと、仮に就職できたとしても楽しく仕事ができない可能性は高い。

今、就職活動や転職活動を行っている方は、今一度、自分に向いている「職業」をしっかりと考えて欲しい。

もし、「自分に向いている職業が分からない。どうしたら良いんだろ?」という方は、相談に乗りますのでお気軽にご連絡ください。